ホワイトニング治療の方法

このページでは、いろいろなホワイトニング治療の方法について簡単に説明します。代表的なティースホワイトニングから自宅で行えるホームホワイトニングまで一挙に紹介です!
MENU

ホワイトニング技術、開示

一括りにホワイトニングと言っても手法に関しては色々あります。予算や生活習慣によっても変わってきます。ここでホワイトニングの種類とその方法、料金をお教えします。

 

(※『ティースアート』だとあらゆるところで一律価格ではありますが、他の店もしくは歯科医院であればその手法とか価格に多少の差異があります。詳細は各々の係員に問い合わせてください。)

 

ティースホワイトニング(普通のホワイトニング):一番人気で基本的なホワイトニングシステムです。ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯に塗ってハロゲンライトを照射して、歯の中の色素を分解してじわじわと歯を白くして、フッ化アパタイト(FA)でコーティングしてくれます。一般的に1回の治療でカラーガイド1〜2段階白くすることが可能です。治療時間は1回およそ20〜30分くらいで終了しますが、1回ごとの効果は弱いためしっかりと白くしようとすれば繰り返しの治療を要するかも知れません。望みの白さの具合にも左右されますが、1本当たり数千円〜1万円程度です。

 

スピードホワイトニング:ハロゲンライトの代わりにレーザーとかプラズマなどという高出力な機械を利用して、ホワイトニング剤を強く活性化させることによって効率よく時間をかけず歯を白くすることが可能です。原則、1〜2回の治療でカラーガイド4〜6段階程度白くなるのですが、1回の治療に1時間〜2時間程度要します。今ではそのスピードホワイトニングが改善され、プライトスマイルみたいな複数の歯を同時に白くする方法に代わってきているのです。1本当たり1万円〜2万円程度ですから、たくさんの歯を白くしてしまうと高値になります。1〜2本のみ白くさせたいときなんかに利用すれば良いと思います。

 

ブライトスマイル:プラズマライトとかLEDライトなど高い出力の照明をアーチ形にセッティングしてし、口内全面にいっぺんに光が接するようになっています。これによって普通1回で20本前後の歯を白くすることが可能ですから、何回も向かう時間もなく1回でホワイトニングを終えたい方に合っております。欧米諸国で広まっている最新型のホワイトニングでカラーガイド標準8〜9段階白くすることが可能です。米国であれば600ドル、日本においては6万円〜10万円程度です。詳細は後の方で述べます。

 

アーチ型ホワイトニング:ブライトスマイルと同じく光の出口をアーチ型にしたタイプでまとめて何本もの歯を白くすることが可能です。光はハイパワーハロゲンライトとかキセハロゲンといったプラズマライトとハロゲンライトの中間の光源を使っているのですが、プラズマライトよりも光が弱々しいので効果はブライトスマイルのおよそ1/3〜1/4とも言われています。治療時間は30分〜1時間くらい、1回の治療でカラーガイド2〜4段階程度白く変わります。前歯上下12本で1回1万円くらいと価格はお手頃です。

 

ホームホワイトニング:米国だと1989年より実施されているホワイトニング法です。日本においても2001年に厚生労働省の認可をもらいました。歯の型を取得して歯のカバーを作成し、その内にホームホワイトニング剤を含めて家庭で使います。昼間30分〜1時間くらい使うタイプと夜間、眠っている間に使うタイプがあって選択することが可能です。型すら入手してしまったらそれからサロンに行かなくても済み、自ら都合の良いときにホワイトニング可能といった機能性があるのです。ですが、家庭用だから安全を考慮してホワイトニング剤の濃度は低レベルに定められていて、2〜3回の利用でカラーガイド1〜2段階程度ごとの作用です。別のホワイトニングのお手入れ用としても使えると思います。上下それぞれ20日分で2万5千円〜5万円くらいです。

 

トレーホワイトニング:ティースホワイトニングとホームホワイトニングの中間のシステムで、アシステッドホワイトニングだとも称されております。ホームホワイトニング専用の歯のマウスピースとか簡略タイプのマウスピースを活用してサロンの中で実施します。長い間椅子に座り込んでいることもなくて、雑誌を読むとか散策に行ってきたりすることが可能です。装着時間は20〜40分くらいでティースホワイトニング1回分程度の作用があって、カラーガイド1〜2段階白くすることが可能です。8〜10本で1回4千円くらいです。

 

ウォーキングブリーチ:神経が存在しない歯を白くする上で行うシステムで相当昔から実施されております。神経の穴の中にホワイトニング剤を注ぎ込み仮詰めして家に帰っていただきます。椅子に座り込んでホワイトニングしていただくのとは違い、ホワイトニング剤を中に入れたまま散歩しつつ歯を白くしますのでその呼称がつきました。過去にはこの手法が一番人気で効き目まで高かったので神経が存在しない歯には事あるごとに実施されていたのですが、それからの研究でウォーキングブリーチを施した歯は、何年かの後に歯根とか骨を溶解する心配があるということが判明してきたことから、近年はあんまり実施されておりません。

このページの先頭へ