動脈硬化の予防のために珪素

動脈硬化の予防が期待できる珪素

珪素が必須の素材とされる人体の器官で、最も肝心なのは血管であります。血管は体中の細胞に栄養成分など大事なものを運搬するルート、生命維持に必要不可欠な組織なのです。

 

太目な動脈から極小の血管まで、体中に張り巡らした血管網は、60兆個とされる細胞一つずつに栄養素、酸素、ホルモン、抗体なんかを運搬して二酸化炭素とか老廃物などといった余計なものを運搬するのです。

 

ここらで血液と血管に関して、カンタンに解説しておくことにしましょう。

 

最初は血液の成分についてなのですが、赤血球、白血球、血小板といった血球は、骨髄で作っています。それに栄養素を蓄積した液体とされる血漿を足したものが血液になります。この割合はおおむね半々になります。その血液が、体中の細胞に血管を経由して運ばれております。

 

血管は大動脈から毛細血管まで合計すると、全延長は約10万qにまでなります。たったひとりの血管で地球をおよそ3周できる長さとなります。

 

とんでもないことに10万qもの血管の内、99%は微細な毛細血管が占有しております。毛細血管と言うほどですので、頭髪程度の太さであると思うかもしれないのですが、実際のところはもっと極小です。頭髪の普通の太さというのは直径およそ0.08oです。1μですから、頭髪の10分の1未満ということです。

 

それぐらい細々とした血管の内側を血液が流れているわけですが、先に述べた血球は血管と比較すると相当デカいということを知っているでしょうか。

 

最初に赤血球は直径が7〜8μ、白血球は5〜20μ(単球やとか好酸球なんかは15〜20μ、リンパ球は5μ)、血小板は2〜3μであるとのことです(書籍とか記録により異なって、同じような血球であろうとも大小が見られる)。

 

このような血球が5〜10μの毛細血管を通過するわけですから、シンプルに見ればとても無理があって、とりわけ単球(マクロファージなど)は血管を詰まらせると思える面積なのです。現にマクロファージというものはは、サイズのみならず活動自体においても、血管が塞がる要因に見舞われやすい特性を有しています。

 

正確に言えば毛細血管も血球も伸縮性があって、拡大した血管の内側を紡錘形に歪んだ血球が流れ去っている、といったケースだってよくあることみたいです。いずれにしても相当狭苦しいことは否定できません。

 

血管の大切な素材である珪素は、年を重ねると徐々に減っていくそうです。食べ物から摂り込む分量が変わらなくとも、消化、分解、吸収、体内における活用、蓄積などといった様々な機能が衰退してゆくためと言われています。

 

よっぽど心掛けて摂り入れないと珪素が欠乏して、加齢のせいで老化してしまった血管を以前通りに改修するということが適いません。古く凝り固まった血管の内側には、中性脂肪とか悪玉コレステロールなんかが張り付いてプラークと化して、血管内が狭まっていくのです。それが動脈で発生すると動脈硬化になります。

 

動脈硬化の発症した血管だと、血液がスンナリとは循環せず、プラークは場合によっては血栓と化します。血管はさらに硬化して、柔らかさが消え失せるから、血栓で血管の塞がったり、裂けて出血することだってあるのです。それが脳で発生すると脳梗塞、脳出血、心臓で生じれば心筋梗塞で、速やかに治療しないと死にかかわります。

 

このような難病に発展するまでには、動物性脂肪が多くある食事メニューとか運動不足、肥満なんかが元凶のどろどろ血液等々、数多い悪条件が重なり合っているのです。

 

しかしそこに珪素不足という重大な要因があることに、ほとんどの人は気づいていません。血管の老朽化、修復再生不良の陰には、実は珪素不足が隠れています。

 

ラットを用いた実験においても、水溶性珪素の中には動脈硬化を招くコレステロールが酸化することを防止し、血行不良を防止する作用があると見られる結論が出ています。

 

やっと近年になって、珪素の大切さが口にされる状態になってきたのです。迅速に大勢の人に気が付いてもらって、動脈硬化なんていったものになることがないよう、柔らかで頑強な血管を復活させてもらいたいですね。