ホワイトニング治療の副作用

どうしてホワイトニング歯がしみることがあるのか?

あなたはアイスクリームやかき氷を口にして、
それが歯にしみたことはないでしょうか?

 

ホワイトニングをしていると、
時々ツンと軽い痛みが伴うことがあります。

 

ホワイトニングの薬が氷と同じく歯にしみて、
これの現象は正常な歯の人にすら起こり得ます。

 

 

 

歯の表面がエナメル質、その下に象牙質があり、
それが歯の中心部に詰まっている神経を守っています。

 

歯の神経は「熱い」「冷たい」「しみる」などといった知覚は全て「痛い」と感じるようにできています。

 

実際のところ神経だけじゃなく象牙質にも感覚があり、
その象牙質に何らかの刺激が加わると痛みが生じ、
その感覚を「知覚過敏」と呼んでいます。

 

エナメル質には感覚がないためそれが象牙質を完璧に覆っていれば知覚過敏は生じないのですが、
実は象牙質が露わになっている傾向が多いです。

 

歯軋りで歯の先端が削れてしまったときや、
間違った歯磨きで歯の根元がくたびれてしまっていたとき、
また、年齢とともにエナメル質が擦り減ったときなどに象牙質が露わになっています。

 

 

 

エナメル質に大きい「ひび」とか詰め物に隙間があっても刺激が直接的に象牙質に届いてしまいます。

 

パッと見た感じ心配ないと思う歯だったとしてもエナメル質に微小な亀裂が入っていることが多く、
その亀裂が象牙質にまで及んでいるとエナメル質に刺激を与えただけでしみることがあります。

 

この亀裂はエナメル質に含まれる水分と関連性があり、
年齢とともに必ず増加してくるものです。

 

これは肌の「荒れ」みたいなもので健康的な歯でも冷たいものが歯にしみてしまうのはこれが原因だったりします。

 

 

 

ホワイトニングの薬には消毒薬を濃くしたタイプを使っているそうです。

 

傷口に消毒薬を塗りつけると当然しみると思います。

 

それと同じようなことが歯でも生じます。

 

象牙質が露出してしまっている部分はつまり傷口と変わらないということです。

 

そういった部分に消毒薬を塗ると歯がしみてしまうため、
歯に外傷があるとはっきりわかっている部分にはホワイトニング剤を塗りません。

 

小さい亀裂は肌の荒れのようなものです。

 

外傷がなくても肌の状態が悪いと消毒薬がしみることがありますが、
それと同じく歯のエナメル質に小さな亀裂があると、
ホワイトニング剤がその小さな亀裂を伝って徐々にしみてくることがあります。

 

 

 

ですが、その小さい痛みは歯に害はなく一時的なもので、
ホワイトニングが終了すればほとんど痛みはなくなるはずです。

 

もし、知覚過敏が発生したときは知覚過敏専用のハミガキ剤とかフッ素含有のハミガキ剤を使うことで治まります。

 

 

 

ですが、少しでも歯がしみるのがイヤな方はホワイトニングの直前に歯のトリートメントをしておくことをオススメします。

 

歯のトリートメントはエナメル質の小さな亀裂を埋めたり、
丸出しになった象牙質の表面を整えたりする効果があり、
歯の知覚過敏を防止する効果が期待できます。

 

これは例えるなら肌の荒れを保湿クリームとかコラーゲンゲルで回復するようなものです。

 

ホワイトニングをする人だけじゃなく、
ホワイトニングをしない人でも知覚過敏が見られる人は、
この歯のトリートメントをしてみるといいと思います。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは