MENU

どうして歯がしみるのか?

かき氷やアイスクリームを口にして歯にしみたことはないのでしょうか?同じくホワイトニングを実施していると、時々ツンと軽度の痛みを伴う可能性があります。ホワイトニングの薬が氷と同じく歯にしみて発生する出来事で、正常な歯の人物にすら起こり得ます。

 

歯の構成は表層がエナメル質、この下に象牙質があって、歯の中心部に詰まっている神経を守っております。歯の神経は「熱い」「冷たい」「しみる」などといった知覚は全て「痛い」と感じます。実のところ神経ばかりか象牙質にすら感覚があって、その象牙質に何かしらの刺激が加われば痛みが生じるんですが、その症状を知覚過敏と呼んでいるのです。そして、エナメル質においては感覚がなくて象牙質を完璧にブロックしたらしみることはありませんが、実のところ象牙質が露わになっている傾向にあるわけです。仮に歯軋りにより歯の先端が削れちゃっている時とか間違った歯磨きで歯の根元がくびれてしまっている時、年齢と共にエナメル質が擦り減ったケースなどが見られます。

 

さらに、エナメル質の大きい”ひび”とか内容物の隙間すら刺激が直接的に象牙質に届けられます。パッと見全然心配はない感じに思われるエナメル質だとしても微小な亀裂は入っている傾向が高く、その亀裂が象牙質にまで及んでいるとエナメル質に刺激を与えただけによりしみることがあるのです。その亀裂はエナメル質に含まれる水分と関連性があって、年齢と共に増加してくるもので全然問題はありません。肌の”荒れ”みたいなもので健康的な歯であっても冷えたものがしみるというのはそれが原因だったりします。

 

ホワイトニングの薬というのは消毒薬を濃くしたタイプを使っています。傷口に消毒薬を塗りつけるとしみると思います。それと同じような事例が歯においても発生します。象牙質が顔を出してしまっている部分はつまり傷口と変わらないです。この部分に消毒薬を塗装するとしみてしまうため、明白にその外傷が存在するという部分にはホワイトニング剤を塗りません。微細な亀裂は肌の荒れのようなものです。外傷がなくたって肌の状態が悪いと消毒薬がしみることになりますが、それと同じく、エナメル質に微細な亀裂が見られると、ホワイトニング剤がその微細な亀裂を伝って徐々にしみてくることがあるのです。

 

ただしその”しみ”は歯において害はなく一時的なものであるため、ホワイトニングが終了すれば大半のしみはなくなると思います。仮に知覚過敏が発生した時は知覚過敏専用の歯磨きとかフッ素含有の歯磨きを使うことで治まります。

 

だけど多少でもしみることが不愉快な方はホワイトニングの直前に歯のトリートメントを行っておくことをオススメします。トリートメントはエナメル質の微細な亀裂を埋めたり丸出しとなった象牙質の表層を整えたりする効力があって、知覚過敏を防止するということが可能です。肌の荒れを保湿クリームとかコラーゲンゲルで回復するようなものです。ホワイトニングを行う、行わないだけじゃなく知覚過敏が見られる人はそのトリートメントを使ってみたりするといいと思います。

このページの先頭へ