骨にはカルシウムと珪素が必要

骨にはカルシウムのほかに珪素が栄養として必要!?

珪素とは、体中のありとあらゆる組織、器官に見られ、細胞を作り上げております。だけど珪素が初めに注目を集め、この存在が最初に見受けられたところは骨になります。

 

骨と言ったらカルシウム。このように考えている人が多いと思います。ですが、それのみではございません。骨の成分で何よりも多いのは実際にカルシウムで、この他にリン等と共に無機質部分がトータルの65%を占めております。残りの35%の中で10%が水分、残りの25%が有機質で、それがほぼコラーゲンになります。

 

量からすれば僅かですが、骨の組織を形成しているのがコラーゲンなんです。そうしてこの隙間をカルシウムが満たしていることが実態なのです。丁度、建造物の柱に該当するのがコラーゲンで、壁に当たる漆喰とかコンクリート要素がカルシウムといったものと考えていいと思います。

 

年老いて骨がスカスカとなる骨粗鬆症と呼ばれる病気が存在します。それは骨よりカルシウムが溶け出すということが発生します。そうだとしてもカルシウムのみを豊富に補えばいいなんてことじゃありません。骨組みのコラーゲンが申し分なく、程良い弾力性がないといけないのです。ソフトなコラーゲンと豊富なカルシウムがあってこそ、頑強で良い骨がもたらされるワケです。

 

とにかく骨ことを考えるなら、コラーゲンをたっぷりと口にすると良いのだろうか。コラーゲン商品は何種類も販売されています。このようなものを購入して摂取するように気をつければ、骨に大量にコラーゲンが貯まっていいような感じがします。

 

実際のところはこれもまた適正とは言い切れません。

 

知っている人もいると思います。コラーゲンというのは、摂り入れると消化の過程で一旦アミノ酸に分解されてしまうのです。

 

コラーゲンはグリシン、プロリン、ヒドロキシプロリン等といったアミノ酸が結びついて出来ていて、消化酵素で壊れると、その次は用途ごとの蛋白質の素材に変化します。もう一度同じようなコラーゲンとなるかどうであるのかは判りません。

 

そしてコラーゲンを作り上げているアミノ酸は種類が多くないから、コラーゲンの多量摂取は栄養成分の均衡を崩します。そういうわけでコラーゲンを増加させたいからといって、コラーゲンを食べる必要性はなくて、というより色んなアミノ酸が入っている肉、魚、大豆などといったものを余すところなく摂取した方が望ましいとのことです。

 

ここで出てくるのが珪素になります。良い骨を作り上げるために必要なコラーゲン(の素材)、またはアミノ酸とカルシウム。それらを効果的に吸着させるというのが、本サイトで紹介しているような珪素になります。

 

珪素というのは、繊維質のコラーゲンとカルシウムを吸着させて、俗にいう骨密度を向上させるのです。そうして軟らかさと頑強さを共存させ上質な骨を作り出します。

 

アメリカで実施されたフラミンガム研究と呼ばれる大きな地域コホート研究が存在します。地域コホート研究というのは、限定的な地域集団をターゲットに同様な調査を時間を掛けて継続し、変化もしくは特質などを掴む事を示しております。

 

これはマサチューセッツに位置するフラミンガムと称される地方で、現地人をターゲットに1940年より実施された健康調査になります。主として食事内容により体調にどのような影響を及ぼすかを確認することを狙って、血圧、血清、脂質なんかが調査されたのです。

 

1970年代においては、イギリスとアメリカの合同研究チームが、その研究に参加した人達の子供に向けたフラミンガム子孫研究を始めて、30歳から87歳までの男性女性およそ2800人をターゲットに食事内容と健康状態が調査されたのです。

 

それらの内、食事に混ざっている珪素の分量が骨密度にもたらす結果を調査することを目的に、背骨(腰椎)または足の付け根の骨(大腿骨頸部)の骨密度が調査されたんです。

 

結果、男性もしくは閉経前の女性だと、珪素の摂取量がたくさんある程骨密度が高い(大腿骨頸部)ということが判明しました。珪素摂取量が1日40mgを越すグループは、1日14mgを下回ったグループよりも、10%も骨密度が高いといった状態になったのです。

 

さらには食事においてのカルシウム摂取の相違で起こる骨密度の差異は、一番たくさんあるグループと一番乏しいグループで、ごく僅か5%でありました。

 

この結果を通して、2004年4月には、「人間の骨の発達においては、カルシウムのみならず珪素まで必要不可欠であって、それにより品質のすぐれた骨と化す」と公表されたのです。

 

その研究は、これまではっきりとしていなかった珪素の、健康もしくは人間を対象にした効果をようやく解明した研究として、その後の珪素研究が急速に伸展する第一歩となったのです。

 

余談ですがこの調査に関しては、何十年にもわたり地域集団の健康状態を追いかけ止めないという桁違いなものであって、21世紀の今日も変わらぬまま続いております。この調査というのは、一人一人のデータを取得したのみでは見当が付かない数多い事実を明確にしたことによって、それだけの情報の力と先見性が今となっても高い支持を得ています。