MENU

ホワイトニングに向く方、不向きな方

ホワイトニングはどんな人でも可能なのですか?こんな感じの問い合わせを頻繁に受けるらしいです。ホワイトニングはどんな人でも可能だというものじゃありません。ある歯科医院に歯を白くして欲しいといった方がいらっしゃったのです。口内を見たところ驚きました!なんと虫歯でいっぱいで歯はボロッボロ、歯医者が嫌で白くしたいなあといった歯は虫歯で真っ黒でありました。もちろん、最初に虫歯の治療を推奨したようです。こういったふうに何もかも白く出来るといったものじゃないのです。

 

ここらでホワイトニングに向いているか否かを合わせて確認してください。

 

・前歯に被せ物を有している方、または入れ歯の方

 

・過去に虫歯を治療した歯があって、この歯に大き目の詰め物を有している方、または最近治療中の方

 

・冷えているものを口にすると歯がしみる方

 

・今、白くさせたい歯に虫歯とか歯周病が見られる方

 

・14歳未満の方

 

・歯の色が相当濃い目の方

 

・歯を日常的に磨かない方

 

・今、何かしらの病気を患っている方

 

・歯軋りをしてしまう方

 

・神経を取り除いてしまった歯が多くある方

 

上記、あなたはいずれかに当て嵌まりましたでしょうか。当て嵌まった方は該当の事柄に当たる部分に目を通してみてください。

 

1.自前の歯じゃない方:ホワイトニングについては自前の歯ということが前提条件になります。入れ歯とか差し歯、セラミックスの歯などといった人工的な歯は白くするということが不可能です。これらについては該当の歯そのものを交換することが必要です。

 

2.歯に詰め物が見られるとき:詰め物をホワイトニングで白くするのは不可能です。それから白くさせたい歯が治療中であれば治療が終了してからホワイトニングを実施します。

 

3.しみる歯を有しているとき:知覚過敏(冷えているもので歯がしみるとか)もしくは虫歯、歯周病が見られるケース、大きいひび割れが存在する歯なんかはホワイトニングを行うことによって痛みを伴うことが考えられますから、最初の打ち合わせの時にホワイトニングができるかどうかを担当が判定します。

 

4.虫歯または歯周病が見られるとき:大きい虫歯とか歯周病が見られるときは治した後日ホワイトニングをしてもらうことをオススメします。

 

5.小児:歯の成熟度にも個人差が見られますから子どもはだれもが行えないわけじゃないのですが、年齢が低いのなら低いほど要注意です。14歳に満たない方は歯の状態を目にしてホワイトニングの強さを整えつつ実施することが不可欠です。

 

6.歯の色がすごく濃い目の方:歯の色だってホワイトニングの作用に影響を与えます。通常なら濃い色の歯よりは薄い歯の方が効果的であり、しかも黄色っぽい色の方が灰色とか濃い目の茶色の歯より効果的な割合が高いです。歯が出来て来る0歳〜7歳程度の時に、テトラサイクリンといった抗生剤を服したせいでついてしまった濃い目の色合いは、ホワイトニングであろうとも効き目があんまり出てこないことがあるのです。

 

7.歯をしっかりと磨かない方:ホワイトニング直後の白さに保っておくにはケアが重要になります。歯を普段から磨かず、汚れが残留していたとしても気にも留めないみたいな方はホワイトニングに向きません。

 

8.漸進的な病気を保持している方:病気の中ではホワイトニングを行なってはならないケースがあります。詳細な部分はかかりつけの医師に相談を持ち掛けるか、サロン関係者まで問い合わせてください。

 

9.歯軋り:歯軋りによって歯が摩耗してしまっているなら、そこには薬を塗布することができないです。それから、歯軋りが見られるのならホームホワイトニングにだって注意が必要なケースがあります。詳細は専門家に尋ねてみましょう。

 

10.神経が存在しない歯:神経を取り除くと少しずつ色濃くなってくるのです。その着色は大半が内部からのものですから、標準的なホワイトニングじゃなくて歯の内側より実施するホワイトニングの方が効果的です。

 

どれかに当て嵌まった方は専門家に問い合わせしてみた方が良いですね。いずれかに当て嵌まったとしても即座にホワイトニングができないわけではないのです。仮にあなたがいずれにも当て嵌まらないなら歯を白くする良い機会でしょう。是非とも試してみてください。

このページの先頭へ