歯は明るくすることで白く見える

どうして、歯が白く変化するのか?

専門家が行なうホワイトニングは歯そのものを白くすることが可能です。

 

では、なぜ歯が白く変わるのでしょうか?

 

ホワイトニングというのはペルオキサイド(オキシドール=消毒薬)を歯に塗って、
特殊な光やレーザー、プラズマなどを照射してそのペルオキサイドの効果を促進するものです。

 

歯に塗ったペルオキサイドが活性化すると、
有機質の中にある色素を分解して無色化するように働きます。

 

これの実例として、ニンジンなどに含まれるベータカロチンにこのペルオキサイドを加えると色が白くなります。

 

ですが、これで対象の物質が溶けるということはなく、
ただ色が変化するだけですので、
これで歯を傷めずに歯の色を白くできるわけです。

 

そして、実は歯を「白くする」というより、
正確には歯を「明るくする」というのが適切です。

 

つまり、歯というのは明るさを高めることで白く見せることができるということです。

 

ホワイトニングはペルオキサイドでエナメル質に含まれる有機成分の色素を分解し、
歯の明るさを高めて白く変えていくので自然な白さを得られます。

 

 

 

ホワイトニングを効率的に実施するには「触媒」が必要不可欠です。

 

通常、触媒にはハロゲンライト、レーザー、プラズマなどを用います。

 

これらの光の触媒によってペルオキサイドの活性速度が速まり、
ホワイトニングをより効率よく円滑に施すことが可能です。

 

そして、その光の触媒を最大限活用したホワイトニング方法が「プライトスマイル」というものです。

 

 

 

米国のCRAという臨床研究機関の中で、
「光やレーザーなどといった触媒はホワイトニングの作用に影響を与えない」という、
これまでの通説をひっくり返してしまう論文を出したことがありましたが、
多数の大学の研究で光触媒が実際にホワイトニングの作用を促すことが今では実証されています。

 

2002年に発表された岩手医科大学の先進歯科医療研究センターの研究論文においても、
光触媒がホワイトニング作用を高めるということが指摘されています。

 

その中でもプライトスマイルは高出力光触媒を用いた新機能が特に有効ということが立証されました。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは