ドイツの珪素サプリメント

ドイツでは珪素のサプリメントが人気!

国内では未だに、珪素の健康的な有用性に関して分かっている人はあまりいないかもしれないですね。だけどヨーロッパであれば、珪素は必須栄養素という立場でずいぶん前から浸透し、サプリメントの形で摂取している人がいっぱいおります。

 

とりわけドイツにおいては、珪素は何よりも人気を博しており、長期間にわたって最も売れ続けているサプリメントなんです。常備されている世帯もたくさんあり、家庭に一つのサプリメントというような傾向なんだそうです。

 

当然ですが売り上げを伸ばしているという理由で効き目があるとは断定できません。「サプリメントなんかは流行り廃りがめざましいし、気休めくらい」に思われる人だっているはずです。

 

ですがドイツにおいては、サプリメントというものの本質が日本国内とは全く異なります。「サプリメントは医薬品に準じる代物」「栄養成分の形態でなくてはならないもの」であって、効力があやふやであったり、明解ではないものじゃないのです。そういう曖昧なものを、倹約家のドイツの人がお金を費やして購入しようとしません。

 

ドイツは全世界でも最高レベルの医学の国なのですが、西洋医学、現代医学が全てというわけじゃなく、古くから存在するハーブとか薬草を利用した民間療法までもそれなりの評価を得ております。風邪をひいた際は、病院で診てもらうよりも「祖母、祖父の風邪薬」という風に、ハーブをお茶にして飲用して解決しようとするのです。風邪はそのようにすることで回復すると知っているわけですから、手間をかけて混んだ病院へ出向いて料金を支払う必要はないと判断するワケです。

 

日本においても風邪をひいたとしたら、生姜湯とか玉子酒を飲用する等して、温めて横になっていれば回復するといった養生法があるわけです。けれども現代人の大半は、風邪をひいたならドラッグストアもしくは病院に向かうのじゃないでしょうか。

 

ドイツだと、絶対に薬だという必要性はない。周りにあるもので効くならばそれにより回復させる。栄養素程度で乗り切れるならばサプリメントを服用する。しかし医学じゃなければ治せないものに対しては病院、というように効率的に考えます。

 

合理的な倹約家の国家ドイツのサプリメントにおいては、全世界でダントツにハードな基準があって、それに通らないと売り出すことは不可能です。毒されていない状態の自然な素材を使用し、WHOの設定する医薬品製造工程基準を厳守し、臨床試験により医学的な実証を取ることが定められております。まさしく「医薬品に準じる」シビアな基準をパスしたサプリメントだから、ユーザーの信用が厚くて、本当に効き目もあるということなのです。

 

この世界一過酷な基準を「レホルム基準」と言って、ドイツ国民の信頼に足る主因となっているのです(レホルムという意味は改善、改革ということ)。

 

そのような国で珪素のサプリメントは人気を誇っていて、長らく販売数トップなのです。ドイツの人達は、珪素が健康にとって欠かすことができないものだという事実をよくわかっているそうです。そのような人達が購入しているわけですから、珪素という物質は信頼に値すると言えると考えられます。

 

わが国ではいかがでしょう。サプリメントは薬じゃないので、効用を記載することが禁止されております。「健やかな目覚めの為」だの「エネルギッシュになりたい人の」などというようなぼんやりとしたフレーズが並ぶのみで、何に有効なのか、どんなものを利用したら問題ないのか全然わからない。反対にいうと、効果がなくたって販売することができます。こんな状況では信頼の置けるサプリメントを見つけ出すというのは厳しいです。