サービス・クリーニングでも色素は除去できる

歯にダメージを与えるばかりの「サービス・クリーニング」

歯の表面に付着した色素を除去する歯のクリーニングには基本的に保険が効きません。

 

保険診療の範囲内で歯に付着した色素を一通り取り除いてくれる歯科医院も稀にありますが、
これは「サービス・クリーニング」といって歯科医師が歯石を取り除くときにサービスで実施してくれるものです。

 

このサービスは多くの場合、歯石を取り除く機器で歯に付着した色素も一緒に取り除いた後、
1、2種類の研磨剤であらかた歯を磨いて終わります。

 

これは通常、歯のツヤ出しまですることはありません。

 

歯石を取り除くことを目的としていて、
歯の色素を取ることはサービスで実施していますが、
それでも歯のクリーニングそのものにかかる時間は短いです。

 

普通の歯のクリーニングでしたら、
歯6本15分〜20分(1本約3分)程度の時間をかけて入念にするのですが、
この「サービス・クリーニング」にかかる時間は歯6本で数分だけです。

 

 

 

「サービス・クリーニング」をすると本当に歯の色素が取れるのですが、
これは例えるならクレンザーで流しを磨いたようなもので、
歯に隠れた傷がついてそれがそのまま残ってしまいます。

 

この歯についた傷のなかに色素が入ってしまい、
たとえ一生懸命に歯を磨いても傷のなかに入り込んだ色素は取れないため、
歯のクリーニングをして1ヵ月程度であっという間に色素が目立ってきてしまうのです。

 

だから、すぐにまた歯をクリーニングをしないといけないという負の連鎖が生じてしまうわけです。

 

この負の連鎖を絶つには一度ちゃんと歯をクリーニングしてもらうことが必要不可欠です。

 

歯のクリーニングは念入りに細かい部分までキレイにするため、
経験豊富な歯科医であっても歯6本で15分以上の時間が必要になります。

 

ですが、歯の表面が一度ツルツルになってしまえば、
その後は歯に色素がつきづらくなります。

 

そして仮に、この状態で歯に色素がついてしまったとしても、
普段の歯磨きで簡単に色素を取り除くことができ、
歯のクリーニングも3〜6ヵ月に1回程度で充分になります。

 

歯に色素がつきやすいという人は1回でも歯をクリーニングをして、
歯の表面をツルツルにしてもらった方が良いでしょう。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは