「歯のクリーニング」PMTC

まずは「歯のクリーニング」をするべき!

歯をホワイトニングする前に、最初に歯のクリーニングを受けた方が良いと思います。

 

歯のクリーニングというのは、歯の表面に付着した色素(ステイン)を磨いて洗い流し、当初の歯の色に戻すものです。

 

米国ですとその歯のクリーニングを定期的に受けることを習慣にしている人が多く、
歯がヤニまみれという人もほとんど見られません。

 

むしろ公的機関の生命保険が多くはない米国は、
定期的な歯のクリーニングを受けていないと虫歯になったときに、
保険金が下りない民間保険まであるのです。

 

なので、アメリカ人は半強制的に歯のクリーニングを受けさせられているとも言えるわけです。

 

歯を白くしたいと考えている人のなかには、
ヤニとか茶渋などの色素で歯が黄色くなってしまっているケースがあり、
そういった人は歯のクリーニングだけで歯がかなり白くなったという実例があります。

 

 

 

近年、日本国内で歯のクリーニングをしっかりしている人は、15%前後らしいです。

 

もし、あなたが歯のクリーニングを定期的にしていないのでしたら、
まずは実際に歯のクリーニングをしてみてください。

 

何よりホワイトニングをするにしても、この歯のクリーニングは不可欠です。

 

歯の表面に汚れとか色素が付着していると、
ホワイトニング剤の原料がその「汚れ」に吸収されてしまい、
ホワイトニング効果が半減してしまいます。

 

なので長らく歯のクリーニングをしていない人は、
クリーニングを実施してからホワイトニングをすることになります。

 

つまり、歯を白くする入り口は「歯のクリーニング」ということになります。

 

 

 

それでは、歯のクリーニングにはどのような方法があるのでしょうか?

 

歯のクリーニングにはさまざまな方法があります。

 

最初は歯の色素を大雑把に取り除きます。

 

これにはエアーフローと呼ばれる機器を使い、
他には研磨剤を高圧で歯に浴びせるものとか、エアースケーラー、
超音波スケーラーなどといった機器も使ったりすることがあります。

 

歯と歯の間のような細かい部分は特別な器具で汚れを細かく取り除いていきます。

 

それから粒子のサイズが違う何種類かの研磨剤を使ってクリーナーで歯を磨いていくわけですが、
粒子の大きな研磨剤から少しずつ粒子の小さい研磨剤に変えていくことによって、
歯の色素を取り除くときについた損傷をなくして歯の表面をツルツルに磨いていきます。

 

基本的に歯の色素を除去するときはブラシ型のチップをクリーナーにセットして磨きます。

 

続いてシリコン製のカップに微小な粒子の研磨剤をつけて歯を磨くことで、
歯の表面を整えることができます。

 

また、そのクリーナーを使って歯のツヤ出しをすることで、
歯の表面にまた色素が付着してしまうのを防止することが可能です。

 

 

 

近頃はPMTCと呼ばれる歯のクリーニング法が、
メディアなどに取り上げられることがあります。

 

PMTCというのは、
プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング(Professional Mechanical Teeth Cleaning)の略語です。

 

口内全体を歯の表面の色素だけではなく、
歯に付着した汚れも専門家が機器を使って可能な限り除去し、
虫歯や歯周病まで予防することができます。

 

このクリーニングを定期的に利用していると、
歯の病気を予防するのに大きな効果があり、
ヨーロッパやアメリカにおいては十数年前からずっと実施されています。

 

歯を白くするだけじゃなく、
歯の病気の予防も同時にしたいと考えている人は、
ちょっと高価になりますが定期的にPMTCを利用してみてはいかがでしょうか。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは