MENU

最初に”歯のクリーニング”

歯のホワイトニングの前に、最初に歯のクリーニングを受けてみる方が良いと思います。歯のクリーニングというのは、歯の表面に付着した色素(ステイン)を磨き上げて洗い流し、当初の歯の色に戻すわけです。米国だとそのクリーニングを周期的に受けるのを習慣になっている人が多いので、ヤニでいっぱいの人物というものはそれほど目にすることがありません。むしろ公的機関の生命保険が多くない米国だと、周期的な歯のクリーニングを受けてからでないと虫歯に見舞われた際に、保険金が下りないといった民間保険すらも見られます。半分無理やり(?)に歯のクリーニングを受けさせられているといったことと言えます。歯を白くしたいと言ってらっしゃる人によっては、ヤニとか茶渋などといった色素で歯が黄色くなってしまっているケースが見られ、歯のクリーニングのみで相当白く変化した実例も見受けられます。

 

近年国内で歯のクリーニングをきちんと実践している人は、15%前後とのことです。仮に1年の間に歯のクリーニングを実践していませんでしたら、とにかく実施してみると良いと思います。ホワイトニングを行うにしてもこのクリーニングは不可欠です。歯の表面に汚れとか色素がついていると、ホワイトニング剤の原料がその”汚れ”に吸収されてしまって効力が半減しますから、長らくクリーニングを経験していないとすれば、クリーニングを実施してからホワイトニングになります。歯を白くする入り口は”歯のクリーニング”ということなんです。

 

それでは、クリーニング方法に関しては?クリーニングについては色々な手法が存在します。最初は、ざっくりと色素を取ります。それにはエアーフローと呼称される機器を使って、研磨剤を高圧で歯に浴びせるものとかエアースケーラー、超音波スケーラーといった機器で除去するものなどが挙げられます。歯と歯の間もしくは歯がダブっている部位などといった細かい部分は特別な器具で細かく取り除いていくのです。それから、粒子のサイズの違う何種類かの研磨剤を使ってクリーナーで磨き上げていくわけですが、粒子の大きな研磨剤から少しずつ小さめの研磨剤に変えていくことにによって、色素を取り除く時についた損傷をなくして表面をツルツルに磨いていくのです。原則的に色素を除去するにはブラシ型のチップをクリーナーにセットして磨きます。引き続いてシリコン製のカップに微小な粒子の研磨剤をつけて磨くことで、表面を整えるということが可能です。そのクリーナーを用いた艶出しをすることで、歯の表面にまた色素がつくことを防止できます。

 

近頃はPMTCと呼称されるクリーニング方法が、メディアなんかに取り上げられることがあるのです。PMTCというのはプロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング(Professional Mechanical Teeth Cleaning)の略語です。口内全体を歯の表面の色素だけじゃなく、汚れなんかも専門家が機器を利用してとことん除去し、虫歯とか歯周病すらも予防してみようというものになります。周期的に実施したら予防に相当の効力が認められているので、ヨーロッパやアメリカにおいては十数年前より何度も実践されることになりました。歯を白くすることのみではなくて予防も同時に考慮している人、ちょっと高くなりますが、定期的にPMTCを利用してみてはどうでしょうか。

このページの先頭へ