ホワイトニングには100年以上の歴史がある

100年を越す伝統あるホワイトニング

近年、欧米を足掛かりに世界中で注目を集めている歯のホワイトニングですが、
驚くことに歯を白くしたいと研究され始めたのは意外にも100年以上昔の1870年代だったりします。

 

その頃は今のようなペルオキサイドはなくて、
シュウ酸や塩酸などといった酸で歯を白くしようと試みていました。

 

 

 

ですが、その酸を溶かすことやその扱いが困難なので、
酸を用いた方法はそれほど発展しなかったわけですが、
1884年にはとっくに現在使用されているのと同じペルオキサイド(過酸化水素)が利用され始めています。

 

その頃のホワイトニングはホームホワイトニングが当たり前でしたが、
次第に歯科医院で実施するタイプのホワイトニングが登場するようになっていきました。

 

 

 

1950年頃はホワイトニング剤に撮影用のライトを照射することでホワイトニング効果を促進していたのですが、
このホワイトニング方法は施術が長時間に及ぶこともあり、
それで価格も数十万と高めだったため、
それほど普及はしていなかったみたいです。

 

ですが、それを改善して1992年に現在のティース・ホワイトニングの基になる商品が販売され始めました。

 

 

 

その後、1995年にはフッ化アパタイト(FAP)を使ったホワイトニング、
1996年になるとレーザーを使ったホワイトニング、
1998年になるとホワイトニングにプラズマを利用するようになるなど改善に改善を重ね、
1999年になると現在のホワイトニングのように迅速かつ効率的に歯を白くすることができるようになりました。

 

2000年になるとホワイトニング関係の企業が30社を上回り、
ホワイトニングは欧米諸国を筆頭に全世界でも人気の的になり始めています。

 

 

 

それでは日本だとどうでしょうか?

 

日本では1997年にペルオキサイドを歯科材料として厚生労働省の認可をもらっています。

 

ですから専門家が使うのならば、
ペルオキサイドの安全性は実証されたと言っても良いでしょう。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは