ホワイトニングの方法

薬用パールホワイトプロ EXプラスを使わないホワイトニンとは?

ホワイトニング後の白い歯

ここでは、薬用パールホワイトプロ EXプラス以外のホワイトニングで「あまり知らない」もしくは「何となく知っている程度」の知識を解説していきます。

 

 

 

ホワイトニングというのは1989年に米国で開発された技術で、
歯の表面に沈着した色素だけを除去するのではなくて、
歯そのものを白くしていく技術なります。

 

この技術は歯の表面を傷つけずに、
歯の中の色素を分解したりして歯の明るさを高めて白くしていくのです。

 

ホワイトニングの方法は歯の表面を洗浄した後、
ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗り込みます。

 

その後、ハロゲンライトやレーザー、プラズマライトなどを歯に照射して、
その歯に塗ったホワイトニング剤を活性化させて、歯の中の色素を分解します。

 

 

 

ホワイトニングのことを色素を抜き去ることから、
過去にブリーチングと呼称されていたらしいですが、
ブリーチと言ったら強い薬品を用いて髪の毛とか洋服を漂白することを連想させるため、
近頃は米国でもブリーチングよりもホワイトニングというフレーズが好まれるようになってきました。

 

ですが、米国の一部地域だとホワイトニングという名のフレーズが差別用語に繋がるといった観点により、
ホワイトニングのことを「ライトニング」と呼称しているところもあります。

 

 

 

ホワイトニング技術の確立により、
これまでは歯を削り取ってセラミックスを被せることでしか歯を白くすることができなかったことが、
今では自分の歯を傷つけることなく歯を白くできるようになったのです。

 

しかし、ホワイトニング効果の個人差は大きいです。

 

元から歯の色が濃い人、または子どものときに服用した風邪薬のせいで歯の色が濃くなってしまった人などに関しては、
当然ホワイトニングの効果は薄くなりますし、着色性食品を多く口にする人はホワイトニングをした後の再着色が早くなってしまいます。

 

 

 

そして、ホワイトニング後のケアはとても重要です。

 

1回ホワイトニングで歯を白くしたら終わりというものじゃないのです。

 

定期的なケアをしていないと少しずつ歯の再着色が発生することになります。

 

ホワイトニング後は普通なら、半年前後で歯に色が戻り始めて、
何にもケアをしなければおよそ2年で当初の歯の色へと近づいてしまいます。

 

 

 

日本では、歯に関しては治療が終了したらそれでお終いになります。

 

また歯が痛くなってきたら健康保険で治せばいいと考えている人が多いのじゃないでしょうか。

 

そもそも歯だけじゃなくて身体の病気は定期的な検査とケアが求められます。

 

米国ですと国の健康保険もありませんし医療費だって高額のこともあり、
「痛くなったら治療する」というのではなく「痛くなってしまう前に予防する」ということが定石になっています。

 

なぜかというと、治療費と比べたら予防費の方がずっと安価で済むからです。

 

だから、アメリカ人の多くはしっかりと定期検査とケアをしているのです。

 

とはいえ、健康保険が揃っていて、身体のケアというたスタイルが少ない日本国内だと、
ホワイトニングのケアというのはちょっと不向きなのかも知れません。

 

 

 

なので、このように考えてみてはいかがでしょうか。

 

ホワイトニングは「治療」じゃなくて「ケア」だと考えるのです。

 

普段している肌のケア、髪のケア、爪のケアなどと同じようなものです。

 

身体のケアというのはどこであってもサボると魅力を失わせてしまうのです。

 

当然、歯も例外ではありません。

 

自分の魅力を維持するには日頃のケアが必要不可欠というわけです。

 

 

 

ホワイトニングに関心はあるけれど、
抵抗があるという人もいるかと思います。

 

「歯を薬品で洗浄することが不安」と考えているのではないでしょうか?

 

ホワイトニングというのは美容整形ではありません。

 

歯を削り取って被せるのは歯の美容整形といえるかもしれませんが、
ホワイトニングは歯のケアの1つでスキンケアと同じです。

 

米国だとホワイトニングの方法とか店先の情報を友人や同僚と語り合い自慢までするのです。

 

デパートのなかにまでサロンが出来てホワイトニングが身近なものになった今日、日本も米国のようになったら嬉しいですね。


 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは