MENU

歯のホワイトニングというのは何なのでしょう?

ここらでホワイトニングに関し「あまり知らない」もしくは「何となく知っている程度」というような人向けに解説しておくことにしましょう。

 

ホワイトニングというのは1989年に米国によって開発された技術で、歯の表面に沈着した色素だけを除去するのではなくて、歯そのものを白くしていくものなのです。歯の表面を傷つけずに、歯の中の色素を分解したりして歯の明るさを高めて白く変えていくのであります。治療方法は歯の表面を洗浄した直後、ホワイトニング剤(ペルオキサイド)を歯の表面に塗り込みます。それにハロゲンライトとかレーザー、プラズマライトなどを照射して、そのホワイトニング剤を活性化させて、歯の中の色素を分解します。

 

過去にはホワイトニングのことを色素を抜き去ることもあってブリーチングと呼称していたとのことですが、ブリーチと言ったら強い薬品を用いて髪の毛とか洋服を漂白することを想像させるため、近頃では米国においてもブリーチングよりもホワイトニングといったフレーズが好かれるようになってきました(ですが、アメリカの少数の地方だとホワイトニングという名のフレーズが差別用語に繋がるといった観点により、”ライトニング(明化)”と呼称しているところも存在します)。

 

その技術の登場によって、これまでは歯を削り取ってセラミックスを被せることでのみしか白くすることが叶わなかったことが、自らの歯を残しておいて白くできるまでになったわけです。しかしその効果は各々に応じて相当の差異があります。もとから歯の色が濃い目の人、子どもの時に服用した風邪薬のせいで歯の色が色濃くなってしまった人に関しては、ホワイトニングの効果は薄くなりますし、着色性食品が好きな人はホワイトニングした後の再着色が早い内に発生します。

 

さらに、ホワイトニングにおいてはケアが必須です。1回白くしたなら終了というものじゃないのです。定期的なケアを行っていかなければ少しずつ歯の再着色が発生することになります。普通、半年前後から色がつき始めて、何にもケアしなければおよそ2年で当初の歯の色に近づいてしまうのです。

 

日本においては歯については治療が終了したらそれでお終いになります。再び痛くなると健康保険で治せばいい、とお考えの人が多いじゃないでしょうか。原則的に歯だけじゃなく身体の病気は定期的な検査と処置が求められるわけです。米国だと国の健康保険もありませんし医療費だって高価格のこともあって、「痛くなったら治療する」というのではなく「痛くなってしまう前に予防する」ということが定石です。なぜかと言えば治療費と比べて予防費の方が安価であるからに過ぎません。ちゃんと定期検査と処置を実施しているということなのです。とはいえ、健康保険が揃っていて、ケアといったスタイルが見られない日本国内ではそのホワイトニングのケアはちょっと不向きなのかも知れません。

 

それではこのように考えてみてはいかがでしょうか。ホワイトニングは「治療」じゃなくて「ケア」だと考えるのです。すなわち日頃の肌のケア、髪の毛のケア、爪のケアと同じ様なものです。身体のケアはいずれの点でもこれをサボると魅力が失せてしまうのです。歯だって同様です。魅力をキープするには日頃のケアが求められるわけです。

 

ホワイトニングに関心はあるけれど、少しだけ抵抗感があるというような人だっているはずです。「歯をいじくることが不安」と考えていないでしょうか?ホワイトニングというのは美容整形ではないのです。歯を削り取って被せるのは歯の美容整形と言えるかも知れませんけど、ホワイトニングは歯のケアの1つで肌の美白と同じです。米国だったらホワイトニングの手法とか店先の情報を友人または同僚と語り、自慢すらしちゃうのです。デパートなどにおいてもサロンが出来てホワイトニングが身近に変わった今日、国内でもこのぐらいになったら嬉しいですね。

このページの先頭へ