ホワイトニングで歯が溶けてしまうという噂

歯が溶けてしまう!?ホワイトニングの噂・本当

「ホワイトニングは本当に安全なのでしょうか?」

 

「ホワイトニングで歯が劣化したり、
虫歯になりやすくなってしまったりしないのでしょうか?」

 

ホワイトニングを行う歯科医師は常々このようなことを尋ねられるそうです。

 

ある歯科医師はこのような時は以下のように返答しているそうです。

 

 

 

「安心してください。

 

ホワイトニングは安全ですよ。

 

仮に歯が溶けたり劣化したりするというのなら、
日本より10年以上も前からホワイトニングをしているアメリカで、
今頃とっくに全ての人が入れ歯になっていることでしょうね」

 

 

 

今日、アメリカでは90%超の人々がサロンや市販品を合わせて、
何らかのホワイトニングをしたことがあるとされていて、
アメリカの歯科医院の98%がホワイトニングを実施しているらしいです。

 

入れ歯の人や子どもまで含めて、
アメリカ国民の90%が歯を白くしているというのは、
驚くべき数値だと思います。

 

実際のところアメリカ人の口内の衛生状態は近年急速に良化の傾向にあります。

 

これについては歯のホワイトニングが大きな影響をもたらしていると思われ、
つまりホワイトニングが歯を溶かしてしまうということはないという証明になります。

 

 

 

これから書くことはアメリカのとある矯正歯科医の話になります。

 

矯正治療が完了した患者に歯が動いてしまわないように、
マウスピースを着けてもらっていたところ、
歯周炎を発症してしまったそうです。

 

ですから、そこで治療目的でペルオキサイドのジェルをマウスピースに入れて眠るよう指示をしたそうです。

 

それから数日して歯の確認を目的に来院した患者の歯を見てみると、
驚くことに歯が白くなってきていたらしいです。

 

 

 

この出来事が後にホームホワイトニングの開発につながるわけですが、
本来ペルキサイドというのはホワイトニング専用の薬剤ではなく、
昔は歯周炎や歯周病の治療に使用されていたものです。

 

ですから、ホワイトニングをすることで歯周病が予防できるのは当然のことなのです。

 

 

 

それとアメリカだけではなく日本でも同じなのですが、
歯のホワイトニングをしている人はしていない人に比べて口の中が清潔な傾向にあります。

 

ホワイトニングをした人は歯の白さを保つため、
加えて少しの汚れも気になってしまうから歯の手入れを念入りにするようになります。

 

その結果、虫歯や歯周病などの歯の病気がどんどん減っていきます。

 

 

 

ホワイトニング剤そのものに歯を弱くしたり溶かしたりするような働きはありません。

 

ですが、ホワイトニング後は歯を守っているタンパク質の膜が落ちてしまって、
弱い酸でも歯の表面の状態が悪くなってしまうことがあるため、
ある歯科医院だとホワイトニング完了後にフッ化アパタイト(FA)による歯のコーティングをして歯質を強化しているそうです。

 

ホワイトニング直後は飲食物によっては、
歯の表面を荒れさせてしまう危険性がありますから、
専門家の注意や指示は必ず守るようにしてください。

 

 

 

歯のホワイトニングが新しく研究され始めたばかりの頃は、
塩酸などのような非常に強い薬品を使っていたので、
昔は歯に対しての被害はかなりのものでした。

 

この酸を使用したホワイトニングだと、
実際に歯を溶かしてしまう恐れがあり、
確実に安全であるとは言い切れません。

 

この酸を使うと歯が凸凹となって、
歯がスリガラス状になり、
それで歯が白く見えるようになります。

 

 

 

そして、1980年に過酸化水素=オキシドールを用いた歯のホワイトニングが公表されてから、
今日では過酸化物を用いたホワイトニングが中心となっています。

 

ちなみに、過酸化物は酸性ではありますが酸ではありません。

 

オキシドールは原液に関しては酸性であり、
その状態で使用したらエナメル質のカルシウムが溶け始めて歯の表面の状態が悪くなってしまう可能性があります。

 

ですが現在、オキシドールはホワイトニングに使う時に弱酸性にしてから使っていますから、
歯を溶かしてしまったり外傷をつけたりすることなく、
安全なホワイトニングが行えるようになっています。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは