化粧次第で歯はより白く見える

化粧を活用して歯が白く見えるようにすることが可能か?

黒人の歯が白く見えるのは、
歯の色と肌の色との対比によるものであることが明らかになっています。

 

では、これを活用して歯を白く見せる方法を一部ここで紹介します。

 

 

 

まずはファンデーションを使った方法です。

 

日焼けした人の歯が白く見えるのと同じく、
濃い色のファンデーションを使うと歯が白く見えやすくなります。

 

現代は美白が好まれる時代となっていますが、
白系のファンデーションを使って肌を白くし過ぎると歯が黄色く見えやすくなります。

 

 

 

結婚式場で真っ白い衣装を来た花嫁の歯が黄色いな、と思った経験はないでしょうか。

 

芸能界で「美白のカリスマ」と称えられていた人も肌を白くし過ぎて歯だけ黄色く見えるようになってしまいました。

 

肌を白くするのなら同時に歯も白くしないと、
歯が黄色く見えやすくなり浮いてしまうことになるでしょう。

 

今後、結婚する予定がある人は真っ白いウェディングドレスか白地垢を着て、
さらにその時は肌も化粧で白くすると思うので歯の色には気をつけた方がいいでしょう。

 

 

 

次はリップを使った方法について紹介します。

 

リップを使う唇は最も歯に近いため、
ファンデーションと比べて歯の色に与える印象は大きくなります。

 

歯が白く見えるようにするために必要なリップの基本的要素は3つあります。

 

その要素とは「色」「明るさ」「彩やかさ」の3つです。

 

まず、リップの「色」が濃いほど歯の色はそれに対して白く見えるはずです。

 

次はリップの「明るさ」についてです。

 

歯は明るさを高めると白く見えて、
そして暗くすると歯は黄色く見えます。

 

実はホワイトニングサロンで実施している歯のホワイトニングというのは、
歯そのものの明るさを高めて歯を白くしていくものなのです。

 

もしホワイトニングで歯そのものの明るさを高めないで白く見えるようにしたいなら、
リップで唇の色を暗くして相対的に歯の明るさを高めるといいでしょう。

 

つまり、リップを買うならできる限り暗い色のタイプを選ぶようにするといいということです。

 

最後は「彩やかさ」について説明します。

 

歯が白く見えるような方はこの彩やかさが低くなっています。

 

「彩やかな白」という言い回しもありますが、
彩やかな白というのは紙やシーツの白を示しています。

 

それで歯にそのような「白」を当て嵌めると歯だけが浮いてしまうため、
不自然な「白」になってしまいます。

 

 

 

歯を自然な白さでアピールするのに歯の彩やかさを落とすようにする必要があり、
ですからリップの色は反対に彩やかな感じのものを選んだ方がいいということです。

 

これらリップの3つの基本的要素を意識してリップを選べば、
使用しているファンデーションがいくら白くても、
リップで歯を黄色く見えにくいようにすることが可能です。

 

ですが、結婚式で白無垢を着る際はリップは赤色と決められているようで、
これですと歯の色を白く見せることは難しくなります。

 

もし結婚式でリップを選ぶことができるようであれば、
日本人なら多少は色の濃いリップを使用した方がいいでしょう。

 

あなたが白のファンデーションを使っていたとしても、
リップ次第で歯を黄色く見えなくすることはいくらでも可能です。

 

これらを踏まえて、リップを選ぶ際は是非とも参考にしてみてください。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは