水溶性珪素の副作用

水溶性珪素に副作用の心配はないのか?

ケイ素、とりわけ水溶性珪素が、私たちの健康にとってとても役立つ物質であるのはご承知いただいたことでしょう。専門機関とか科学者による多種多様な研究並びに実験も、水溶性珪素の多くの効果を実証してるみたいです。

 

それで、水溶性珪素は一部で美容目的としてスプレーするとか塗り込むこともありますが、服用する方が大半です。継続的に摂取する人も少なくないため、この安全性に際して実験も合わせてご案内します。

 

最初にケイ素という物質の安全性に関しては、厚生労働省の設ける食品衛生法が存在します。これによりケイ素は、「人間の健康を害する恐れがないことが明白であるもの」の内の1つとして、法的に認知されています。下記が、それを表す告示となっています。

 

『 厚生労働省告示第四百九十八号

 

食品衛生法(昭和二十二年法第二百三十三号)第十一条第三項の規定に基づき、食品衛生法第十一条第三項の規定により人の健康を損なうおそれのないことが明らかであるものとして厚生労働大臣が定める物質を次のように定め、平成十八年五月二十九日から適用する。

 

平成十七年十一月二十九日

 

厚生労働大臣 川崎二郎 』

 

こういったように、人間の健康を害する恐れがないことが明白であるものとして厚生労働大臣が設ける物質は、ケイ素を入れて合計で65見られます。知名度のあるものに混ざってケイ素が定められていることもあって、その安全性がしっかりと読み取れます。

 

ケイ素が摂取して安心できるか否かは、摂取した後の血液を調査すれば判別できます。ケイ素は体の中に長期間蓄えられる物質じゃないのです。ケイ素を食べ物として摂ったら、速やかに血清中のケイ素濃度が上がり出し、120分で佳境を迎え、それから少しずつ減っていくことになります。食べ物の体内動態(体の中に吸収された後、どういうふうに排出されるのだろうか)が分かっているということは、安全性に関しては優秀だと言えるのです。そして、ケイ素の医薬品GLP(Good Laboratory Practice)基準安全性試験によると、遺伝毒性のないことだって認められています。

 

食べ物の安全性に関しては、さまざまな面から調査が要されます。

 

初めに、ある食べ物を口にしてすぐさま出てくる不調とか死亡を急性毒性と呼びます。水溶性珪素は、マウスを利用した急性経口毒性試験に対して全然変調がなくて死亡例もありませんでした。急性毒性は皆無と明らかになっております。

 

ある食材、または物質をしばらくの間摂取し、一見すると異変がなくても、遺伝子が傷ついている場合がございます。もしくはその子孫に異常が起きたら安全とは言い切れません。それを遺伝毒性と言い、食べ物の安全性を考慮してみる中でとても大切です。水溶性珪素は、専門機関による検査で異変が見受けられず、遺伝毒性はないだろうと確認できました。

 

数々の安全性試験でも問題なく、さらに今まで一般的なユーザーから、水溶性珪素の摂取、または塗布などといった利用にあたって健康被害の情報は見られませんでした。そのようなこともあって水溶性珪素は、心置きなく利用可能なものであると思います。


 
HOME 珪素とは 水溶性珪素とは 酸化防止 ウモプラス