ホワイトニングした白い歯を維持する方法

歯の白さを維持するためには

歯の白さを維持するには日頃のケアが大切です。

 

やっと歯を白くしたのにケアを怠ってしまうと今までのホワイトニングが水の泡になります。

 

歯のケアをしっかり続けることによって、
それだけ白い歯を長く維持することができるわけです。

 

 

 

まず何より重要なのはやはりブラッシングです。

 

歯の汚れというのは放置しておくと硬化して余計に取りにくくなります。

 

さらにこの汚れの上に色素が付着してしまうと歯が黄色くなってしまうわけです。

 

そのようなことになってしまう前に歯ブラシを使って、
汚れが軟らかい状態のうちにしっかり取り除くことをおすすめします。

 

この状態の汚れであれば、
それほどハミガキ剤を使わなくても洗い流せます。

 

歯ブラシ1本で食後に歯を磨くだけでも問題ありません。

 

これだけでも付着したばかりの汚れなら簡単に取り除けます。

 

 

 

次に、歯に汚れだけではなく、
色素まで付着してしまった場合はハミガキ剤を使用してください。

 

ハミガキ剤はそこまでたくさん歯ブラシにつける必要はありません。

 

ハミガキ剤は歯ブラシの先端に少しつけて、
歯は円を描くような感じで1本ずつ磨き上げるようにしてください。

 

これで歯に付着した色素はキレイに取り除くことができるはずです。

 

 

 

ホワイトニングを行った歯の白さを維持するには普段の歯磨き以外にも、
ホワイトニング剤が混ざったハミガキ剤で歯を磨く方法と、
定期的なメンテナンスホワイトニング(タッチアップホワイトニング)という方法が必要不可欠です。

 

ホワイトニング後は日々のケアとして、
ホワイトニング剤が含まれたハミガキ剤で歯を磨くことが大切です。

 

これは必須の条件というわけではないですが、
ホワイトニング剤が含まれたハミガキ剤を使った方が色の逆戻りをはるかに遅らせることができます。

 

 

 

ですが、どれだけ頑張って歯のケアをしていようとも、
半年から1年くらいでちょっとずつ歯の色が戻ってしまうようです。

 

その際はタッチアップホワイトニング(追加ホワイトニング)を実施します。

 

タッチアップホワイトニングはサロンでする方法と家庭でする方法の2つが存在します。

 

サロンでは専門家が歯の色を検証して、
再着色の具合によって1〜2回のタッチアップをします。

 

普通ならこれで歯の白さをホワイトニングが終了したばかりの頃に戻すことが可能です。

 

ホームホワイトニングキットを持っている人でしたら、
家でタッチアップホワイトニングをすることだって可能です。

 

自分で歯の色が濃くなってきたかもと感じたら、
何回かのホームホワイトニングをすることで歯の白さを取り戻すことができます。

 

自分の歯にどれくらいの再着色があるのか正確に把握するなら、
サロンで専門の担当者に見てもらった方が良いでしょう。

 

 

 

そして、歯の白さを長く維持することを望むなら毎日の飲食にも注意することが大切です。

 

ホワイトニング後に注意が必要な食べ物は別の記事で紹介していますのでそちらをご覧ください。

 

ですが、ある歯科医師はそれらの注意した方がいい食べ物をホワイトニング直後はともかく、
普段から口にしてはいけないとは指導していないそうです。

 

人間の嗜好は十人十色で、
歯を白くするために、
そういった嗜好品を控えるのはストレスになるでしょう。

 

私はそのような苦しい思いをしてまでホワイトニングをしなくても大丈夫ではないかと考えています。

 

そして、仮に着色料の含まれる食べ物を口にしたとしても、
日頃から歯のケアをしっかりしていればいいのです。

 

食べ物に対して神経質になる必要はありません。

 

自らの生活習慣を変えることなく歯を白くすること。

 

それこそが現在のホワイトニングのあり方だと考えられています。

 

 

 

ですが一方で、ある歯科医院でホワイトニングをした人のなかに、
次のような興味深い事例がありました。

 

そのホワイトニングをした男性は自他ともに認めるヘビースモーカーでした。

 

その人は歯を白くしようと歯科医院に来たのですが、
歯科医師が歯を確認してみると口内は当然ヤニでいっぱいになっていました。

 

まずはそのヤニを取り除くために歯科医はティースクリーニングを勧めました。

 

その人は歯のクリーニングだけでもヤニを除去することができて驚くほど歯が白くなり、
それからさらにホワイトニングを実施して見違えるほど歯がもっと白くなって、
その出来に大変満足されて帰っていったそうです。

 

ですが、ホワイトニング後も煙草を頻繁に吸うため、
歯科医のアドバイス通り3ヶ月〜半年に1回歯のクリーニングとホワイトニングをするためにサロンに通っていたのですが、
いきなり1年くらい来なくなったことがあるそうです。

 

それで1年後にサロンに来たときに歯科医が歯を見てみると、
歯の色の逆戻りは少しありましたがヤニがあまり付着していなかったのです。

 

やたらと歯がキレイだったので「近頃、歯のクリーニングをされたのですか?」と歯科医が尋ねてみたところ、
「実は煙草を止めたんですよ。何回も禁煙したいと考えていてもできなかったのに、
歯を白くしたら煙草を吸いたくなくなったんですよ」と男性は言い、歯科医は驚いたそうです。

 

 

 

歯科医師は「煙草を止めた方がいい」とは言わなかったにもかかわらず、
最終的にその男性は禁煙することになったわけです。

 

煙草を止めたいけれど止められない人は、
薬を頼ったりするよりも歯のホワイトニングを行ってみてはどうでしょうか?

 

歯も白くなって煙草まで止められるなんて最高だと思いませんか?

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは