MENU

歯を自分自身で白くするためには?

歯を自分自身で白くするのは可能でしょうか?回答はYesであります。初めに歯を白くする技術は大きく2つに分類されます。1つは歯の表面に付着した色素(ステイン)を除去して白くしてしまう技術、もう1つは歯そのものの色を白くしてしまう技術です。歯の表面に付着した色素を取り除くだけだったら国内で流通しているハミガキと歯ブラシで大丈夫です。ハミガキ剤には普通、カルシウムなんかを主成分とする研磨剤が含有されていて、これによって歯の表面に付着した色を取り除きます。国内で流通しているホワイトニング効果を前面に出したハミガキ剤は全てその系統です。カルシウムなどといった研磨剤の粒子のサイズとか分量により色素を除去する作用に開きがあります。ですが、研磨剤の粒子が大き目のものは色素を取り除く効果も期待できる一方で、歯の表面を取り去る程度まで広がるので注意してください。その研磨剤粒子の大きい種類とか研磨剤の分量が多くある種類はヤニ取り専用のハミガキということで販売されていますが、日々の利用はあんまりオススメできません。粒子の小さめの研磨剤を含んでいるハミガキ剤は、ヤニとか茶渋などといった頑固な色素を除去することは不可能ですが、日々の利用にはそれほど問題ないです。近頃はキレート剤といった表面の変色を化学的に分解したりして洗い流す薬剤が含まれているハミガキが販売されました。研磨剤は少なくても効果が高くなるようになってて、歯を可能な限り傷つけないで汚れが取り除けることがほとんどです。こういったハミガキを活用し、歯の表面を綺麗にすることで白くすることが可能です。

 

2つ目はホームホワイトニングによって歯そのものを白く変えていく手法です。ホワイトニングサロンとか専門的な歯科医院でマウスピースを作ってもらって、それにホワイトニング剤を含めて家庭で実施するシステムで、サロンに通わずに簡単に白い歯を獲得できます。就寝時にはめてもらい睡眠中に白くするナイトタイプと昼間の1時間ぐらいはめてもらうタイプが存在します。ホワイトニングジェルの濃度にいくつかのランクがあって、これにより効果に差が生じます。国土が広くてホワイトニング目的として恒常的にサロンに足を運ぶことが簡単ではない米国だと、10年来そのホームホワイトニングが中心でしたけど、1日で白くすることが可能なブライトスマイルの登場によってこのシェアは落ちてきております。しかし、自身で実施することによって白さの調節が可能なことや、ホームホワイトニングキットを保持しているならお望みの時にホワイトニングが可能といった強みはあるのです。費用は上下片側で3万円〜5万円程度です。1度試したらどうでしょう。

このページの先頭へ