MENU

後悔しないサロン選びとは?

では実際に歯のホワイトニングをしてもらうなら、どのような方法でサロンを選択すれば安心でしょうか。今日では審美歯科を含め一般歯科医院においてもホワイトニングを取り入れているところが増加傾向にあります。ここらで、対象の店舗選びの注視すべき点をお教えします。

 

・電話の応対は良いか:ほとんどの人は最初に電話での問い合わせを行うでしょう。どのような施術が実施されるのか、期間はどの程度か、料金は?といったものを受付けの方に尋ねてみてみると良いでしょう。専門のこと以外にもすぐに受け答えられるようならば心配しないで良いと思います。尋ねる度に逐一「少々お待ちください」と保留にされてしまうようならば、全然ホワイトニングをやっていない恐れがあります。

 

・サロンの様子はどうなっているか:事前に店もしくは診療所に足を運んでみてください。店の外側からであっても概ねの様子はわかると思います。入りやすいか否か、受付けの係員はしっかりと応対しているのかなどを確認してみてください。

 

・歯科医がいるのか:今日日本においてはクリーニングとかホワイトニングを実施する場というのは、歯科医院の届出をして歯科医師がいないといけません。それはホワイトニングサロンすらも同様のことです。歯科医院という立場で登録していると思います。心配でしたら受付けで歯科医師の氏名を訊いてみることも良いでしょう。返答に困ってしまうようであれば歯科医師が不在状態の可能性が高いです。

 

・技術指導可能な歯科医がいるのか:ホワイトニングと言いましても技術が不可欠です。アメリカの技術だって年を増すごとにレベルアップしていて日々、研究研鑽されている歯科医がいるか否かはかなり大切な要素です。稀に名前のみ貸し出しているばかりでまるで無知な歯科医がいるサロンも存在するそうです。この状態では歯科医が不在状態であるのと一緒で安全なホワイトニングは不可能です。責任者の歯科医は誰か尋ねてみることも良いと思います。

 

・カウンセリングはきちんとしてくれるか:ホワイトニングでは治療の前のカウンセリングは必要不可欠です。歯の状態を確認して様々な提案を行ってくれるならば問題ありません。歯すら確認しないで取り掛かってしまうようであれば辞めた方が良いでしょう。

 

・ホワイトニングする前にクリーニングを促しているか:ホワイトニングの前に歯のクリーニング不可欠です。歯に汚れが付着した状態でホワイトニングを行うと作用が半減します。カウンセリングの際に近頃クリーニングを行ったかそうでないのかを訊いて、やっていなければクリーニングを促すのが通例です。

 

・ホワイトニングに関して熟知しているか:ホワイトニングに関して手広く知っていないと専門家とは言うことができません。どうして歯が白くなるか、薬は安全なのだろうか、どれほど白さを維持できるかなど尋ねてみると良いでしょう。当サイトに記載されていることは専門家対象じゃなくて一般利用者対象ですので、ホワイトニングについて最低限でも当サイトの内容程度すぐさま応答できることが大事でしょう。

 

・ホワイトニングのタイプを選択できるか:ホワイトニングには複数のタイプが存在します。これらのメリット、デメリット、時間とか費用を説明して、それらから自分の条件に合うタイプを選ばせてくれるようならば安心できると思います。選択の余地もなしに1つのホワイトニングを無理強いするようであれば即決しないで、別の歯科医院も確認した方が良いでしょう。

 

・終了した後的確なアドバイスを行ってくれるか:ホワイトニングをした後、白い歯に保っておくにはケアが必要不可欠です。ケアの手段とか飲食物の指導といったものを色々と解説を行ってもらえるところが良いと思います。

このページの先頭へ