白い歯を得るためにホワイトニングする

ホワイトニングの現状

米国だと既にホワイトニングの歴史は30年以上になりますが、
日本では厚生労働省で認可されてから未だに20年未満となっています。

 

ですが、そのような日本でもホワイトニングに関して色々なことがありました。

 

 

 

あるホワイトニングサロンが日本に開業した1995年当時は依然として「黄色い歯の方が健康的だ」という風潮があり、
歯を白くしたいと訪ねてくる人の大半は何らかの原因で歯が変色してしまった方々だったそうです。

 

また、歯の神経がなくなって変色した方もホワイトニングをしています。

 

歯の変色が強烈な人のなかにはホワイトニングだけでは満足できず、
後述のマニキュアやセラミックスの歯に変えた方もたくさんいました。

 

歯のマニキュラやセラミックスの色だって白すぎるわけにはいかず、
私たち日本人標準の歯の色が求められます。

 

日本人の歯の標準色はオレンジ色でナンバーは3〜3.5(0から開始するナンバーは大きければ大きいほど色が濃い)であり、
このくらいの歯の色まで治せればいいのではないかと考えられていました。

 

 

 

しかしある時、歯が黄色くて気に障ると言った方が歯科医院を訪ね、
それで歯科医が見てみると驚くことに歯の色はA1ほどで変色していませんでした。

 

歯科医が患者に歯のことを尋ねると元々この色でホワイトニングの経験はないとのことでした。

 

日本人で元々歯の色がA1の方というのは希少なため、
その歯科医はビックリしたそうですが、
もっと驚いたのはその患者は自分では歯が黄色いと捉えていて、
さらに歯を白くしたいと希望していたことです。

 

 

 

そのときはその患者にホワイトニングを実施して、
A0ほど歯を白くすると満足してくれたそうですが、
当時にしてはとても稀な事例だったそうです。

 

 

 

現代の日本ではアメリカン・ホワイトニングが取り入れられ、
歯を白くしたいと望んでいる人の大半は日本人の標準A3〜3.5くらいの方が多く、
中には歯の色がA1であってもさらに歯を白くしようと望む方までいます。

 

今は誰もがエステや化粧のように美容のためホワイトニングを行っています。

 

何年か前までは強い歯の変色に悩んで来院している人が多かったのに、
今ではそれよりも美容目的の人の方がずっと多くなりました。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは