癌に効く珪素

珪素がなぜ癌に効くとされているのか?

癌というのは、元来は細胞の遺伝子が何かしらの要因によって傷がついて、設計図が故障してしまって発生する病気なのです。遺伝子を利用した設計図の中にはその細胞の一生まで記載されているわけですが、そこの部分が破損しているため、細胞が死亡することができないです。細胞死=アポトーシスが破綻して制限なく分裂と増殖を繰り返というのが、癌細胞の特徴になります。

 

癌によりどうして人間は死に行き着くのでしょうか。その原因はどんどん増殖する癌細胞が周りの器官をプレスして働きを損ない、加えて癌細胞そのものが自分だけの血管を新生したりして身体から膨大な栄養分を奪うせいです。

 

癌が肺にできたら呼吸機能が妨害され、胃にできたら消化機能に不具合が生じ、肝臓にできたら毒抜きとか栄養分の貯蔵がきちんと機能しなくなっていくのです。どれにしても癌細胞が増殖して成長して、物理的に器官をプレスするからなのです。

 

それじゃ、癌はどうして発症するのでしょうか。この原因は細胞の遺伝子の故障(突然変異)が要因と言われています。なんで遺伝子が破損するのでしょうか、何が損傷を負わせるのかといいますと、活性酸素が原因だという見解が有力であります。

 

活性酸素の大半は、細胞の中でエネルギーを製造しているミトコンドリアより漏れて出たものになります。ミトコンドリアの活性が低下し、酸素なんかを利用したエネルギー生成が正しく機能しなくなったら、電子がバランスを崩した酸素=活性酸素がいっぱいでき細胞内より浸出するのです。

 

これが細胞の遺伝子を破損させ、癌化のきっかけを作るとしたら、問題となる部分はミトコンドリアになります。正確には、衰退して活性を失くしてしまったミトコンドリアであります。

 

近年の研究だと、活性を失くしたミトコンドリアが生む活性酸素のせいで、癌細胞が転移する力を取得するということが判明してきたのです。

 

癌の転移というのは、現代医学が特に不得意と感じる病状になります。一変して施術が厳しくなり回復が遠退いてしまいます。

 

癌の要因がミトコンドリアの減衰が原因の活性酸素の大量発生であれば、ミトコンドリアをまた活発にして活性化したら、癌になる原因は取り除けるのです。さらにミトコンドリアが活性化したなら、十分なエネルギーを獲得して細胞自体まで活性化すると思われます。

 

ミトコンドリアがパワーをなくしてしまい劣化する理由は、エネルギーを生み出す時に生じる活性酸素にあります。自分が生じさせる活性酸素で減退して、いっそう活性酸素の発生を誘発しているワケです。そうだとしたら活性酸素を取り除く物質、活性酸素の異常さを緩和する物質があるのならどうでしょうか。

 

ここで本サイトでご紹介している珪素になります。珪素は強力な抗酸化力を有し、活性酸素の害を予防します。活性酸素の乱れた電子とつながって緩和し、無害な酸素にする力を発揮してくれます。緩和した活性酸素はすでに活性酸素じゃなくて、ミトコンドリアの組織を損壊させることもないのです。

 

そして珪素というのは、人体の様々な組織、器官の細胞を構成している成分なのです。とりわけ細胞壁などは細胞を組み上げ、組織を防護する役割を持つミネラルですから、ミトコンドリアに対しても大切だと言えます。ずっと活性酸素の不安と共に存在しているミトコンドリアからすれば、特に好都合な栄養素であるといえます。

 

今までの研究におきましても、動物実験ではありますが、ミトコンドリアの活性酸素を抑制することにより、細胞の癌化、または癌細胞の転移を防止する事例が観察されています。