ホワイトニング後の歯が元に戻った

歯の白さに慣れてしまう!?ホワイトニングの思いもよらない盲点

ホワイトニングをした人のなかに何日かして「歯の色が元の状態に戻ってきた」と言う方がいます。

 

普通、ホワイトニングを行った後は、
エナメル質表面の水分が失われ、
それで光が乱反射して少し歯が白く見えるようになります。

 

ホワイトニングをした後にフッ化アパタイト(FA)で歯を磨き、
その後、歯に覆っている水分の膜が戻る24時間後には、
ちょっと歯の色が戻ってきた気がするということはあります。

 

ですが、歯の色が確実に元の状態に戻るには、
数年の年月が必要になるということが大学の研究で明らかになっています。

 

 

 

ではなぜ「歯の色が戻ってきた」と思う方がいるのでしょうか?

 

これは「目の慣れ」が一番の原因になっています。

 

ホワイトニングをした多くの人の歯の色を確認をすると、
記録に残したホワイトニング後の色からカラーガイドで1〜2段階だけしか逆戻りしていないそうです。

 

歯科医が元の色と今の色をカラーガイドを使って利用者に説明したら、
ほとんどの人は歯の色が元に戻っていないということに納得します。

 

つまり数日くらい白い歯とともに生活していると目がその白い歯に慣れてしまって、
「歯の色が戻ってきた」と思い込んでしまうというわけです。

 

 

 

仮にあなたが旧式のスマホを最新のスマホにするとします。

 

最新のスマホを購入すると、
今まで使っていたスマホと比較してなんて軽量で小さいのだろうかと驚くでしょう。

 

だけど、そんなスマホも2〜3日使用していると、
これが自然になってきてさほどコンパクトと感じなくなってきます。

 

何が言いたいかというと、
歯の色もこれと同じということです。

 

 

 

普段から鏡で自分の歯を目にしていると、
元々の歯の色がどのくらいの白さだったか判別できなくなって、
実際にはそれほど歯の色が戻っていなくても「歯の色が戻ってきた」と勘違いしてしまうわけです。

 

しかし、そのタイミングで今よりもさらに歯を白くしたいなあといった欲が湧いてしまうわけですから、
しっかりと歯科医から説明してもらった後、お望みでしたら追加のホワイトニングを行い、
あと少し歯を白くするようにした方がいいでしょう。

 

 

 

キレイになるともっとキレイになりたいと思ってしまうのは仕方のないことではないでしょうか。

 

もし「何だか歯の色が戻ってきたかもしれない」と感じたら本当に歯の色が戻ってきたのか、
あるいは目が慣れてきただけなのかをサロンのスタッフに確認してもらった方がいいでしょう。

 

ブライトスマイルであれば、
ホワイトニング前後の写真を撮っているため実際に確認することができます。

 

このように客観的に確認できることが望ましいです。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは