歯が黄色くなる原因

歯が黄色くなる原因とは?

いったい、歯はどうして黄色くなってしまうのでしょうか?

 

歯が黄色くなる原因は大きく分けると、
歯の内側から変色するタイプと外側から変色するタイプがあります。

 

 

 

歯の内側から黄色くなってしまう原因の大半は加齢によるものです。

 

歯の表面にあるエナメル質の内側には象牙質という黄色の層が存在し、
その象牙質の中に歯の神経と血管が通っています。

 

生え立ての歯の象牙質は淡いクリーム色をしていますが、
歳をとっていくと徐々に色が濃くなってきてしまいます。

 

表面のエナメル質も歯軋りや普段の歯磨き、食事などによって薄くなり、
エナメル質の下にある象牙質の色が目立ってきてしまいます。

 

このような原因で歯が黄色く見えてしまうわけです。

 

また、紫外線も歯が黄色くなる原因になりえます。

 

余程のインドアというわけでもなければ、
長年、歯に紫外線を浴びて、
いつの間にか歯が少しずつ黄色くなっていることでしょう。

 

歯の神経を取り除いたり、
歯の神経が死んでしまったりした場合、
象牙質が茶色く変色してしまうことがあります。

 

これは歯に栄養が行き渡らなくなったせいであり、
ある種の老化とも考えられます。

 

 

 

テトラサイクリンという抗生剤の影響でも象牙質が変色することがあります。

 

永久歯の象牙質が出来上がってくる乳児から7歳くらいの間に、
テトラサイクリンを長い期間摂取していると象牙質に色素が沈着してしまい、
歯の色がすごく濃くなったり歯に縞模様が出来たりしてしまいます。

 

色は薬のタイプによって灰色や茶色、オレンジ色などといろいろあります。

 

いずれにしろ歯の色が濃い状態なら、
クリーニングとかホワイトニングぐらいじゃ歯を白くするのが困難な場合があります。

 

その他に、全身疾患によっても歯の色が変わってしまうことがあります。

 

 

 

昭和46年、日本国内で「宝塚斑状歯訴訟」という事件が発生しました。

 

水道水にフッ素を含めることで虫歯を減少させられるということが研究で立証されているため、
ヨーロッパやアメリカにおいては一部の地区を除いて水道水にフッ素が含まれています。

 

日本でも1960年の後半より、
水道水のフッ素化を兵庫県宝塚市と西宮市で開始したのですが、
フッ素1ppmにすべきところを倍量の2ppmのフッ素を混入してしまったのです。

 

その結果、その水道水を飲んだ人々にフッ素中毒の症状が出てしまって、
訴訟問題にまで発展し、
フッ素を水道水から取り除かざるを得なくなったのです。

 

その事件を発端にフッ素は危険性が高いのではないかというムードが広がったため、
日本国内の上水道がフッ素化するのが遅れているのではないかとされています。

 

 

 

フッ素中毒の症状の1つに「歯牙フッ素症」というのが見られます。

 

エナメル質が出来上がる乳児から7歳くらいの過程でフッ素を必要以上に摂取すると、
エナメル質に白い斑点が出来たり茶色くなったりしてしまいます。

 

軽い歯牙フッ素症ならばホワイトニングで改善しますが、
症状が重いと歯のマニキュアとかセラミックス治療でないと綺麗にすることが出来ません。

 

 

 

次に、歯の外側から現れてくる変色の原因について取り上げます。

 

歯の外側からの着色の原因、第一位はやはり飲食です。

 

煙草はもちろん、コーヒー、紅茶、ウーロン茶、赤ワイン、コーラなどといった飲み物、
それからカレーのような香辛料の強烈な料理だったり、
また、その他の普段から口にしている色のついたものによっても、
色素が歯に沈着してしまう原因になりえます。

 

 

 

その他の着色の原因に虫歯があります。

 

初期虫歯は歯を白く濁った色にして外側がザラザラしてきます。

 

症状が表面のみに留まっている初期虫歯でしたら、
ティースポリッシングにより綺麗にすることが可能ですが、
さらに重症化してしまうと茶褐色もしくは黒色になってくるそうです。

 

こんなふうに重症化すると虫歯を削り取って歯に詰めものをしないといけません。

 

そうなってしまう前に歯のケアをしっかりして、
清潔な歯を維持した方が良いでしょう。

 

 

 

虫歯の治療で詰めた金属のせいで歯が黒ずんできてしまうこともあります。

 

このような場合、原因である詰めものを取り除き、
黒ずんでしまった部位を全て削り取って白い素材で詰め直す必要があります。

 

こういった虫歯のせいで変色した歯には、
残念なことにホワイトニング効果はありません。

 

なので歯を白くするならば、
歯の金属を詰め直した後にホワイトニングをすることになります。

 

 

 

ここまで歯の変色について代表的なタイプを挙げたのですが、
歯の変色が生じる原因には上記以外の少数のタイプを加えるとまだ見つかります。

 

自分の歯の色が気になったらひとまず専門家に見てもらった方が良いでしょう。

 
HOME パールホワイトの効果 口コミ 副作用 ホワイトニングとは